Gallery

Mother Earth

マザーアース

動物の権利

素晴らしき動物達

ポートレート

Mother Earth

マザーアース

クレヨン & アクリル

392 X 542 mm

( 15.4 X 21.3 in)

 

 

 

とあるベーカリーの紙袋

クレヨン & ソフトパステル

784 X 1084 mm

(40 X 48 in)

オリンピック国立公園

(アメリカ合衆国ワシントン州 )

クレヨン & アクリル

765 X 1085 mm

(30.1 X 42.7 in)

オリンピック国立公園はワシントン州北西にあるオリンピック 半島に位置します。温帯雨林特有のシダ植物が生い茂る森林や300種以上の鳥を代表とする生物多様性が保全された公園です。

苔で覆われた巨大な樹木、ベイトウヒ、杉、ダグラスモミノキの森林にはハイキングや散歩が楽しめるコースが多くあります。

熊との共存:ピッキオ 1

(長野県軽井沢)

クレヨン & アクリル

765 X 1085 mm

(30.1 X 42.7 in)

人とクマとの共存を目指して

「人の安全を守ること」と「野生のクマを絶滅させないこと」。ピッキオは、この両立をめざしています。人とクマが適度な距離を保ちながら共に暮らす方法を模索し、実践することで、自然との付き合い方のモデルを発信します。

にゅう潟

クレヨン

765 X 1085mm

(30.1 X 42.7 in)

オブジェアーティスト「ハアフーフ」との

コラボ作品

「ハアフーフ」は「にゅう潟」と題し2019年作品を水土展にて発表。彼らのテーマをクレヨン画で表現してみました。

新潟にはかつて数多くの潟が存在していました。しかし、新田開発によりその多くが干拓されなくなってしまいました。そんな中、突如として現れた新しい潟。どんな生き物が暮らし、どんな生活をしているのでしょうか。

熊との共存:ピッキオ 2

(長野県軽井沢)

クレヨン ・アクリル・ペン

765 X 1085 mm

(30.1 X 42.7 in)

人とクマとの共存を目指して

「人の安全を守ること」と「野生のクマを絶滅させないこと」。ピッキオは、この両立をめざしています。人とクマが適度な距離を保ちながら共に暮らす方法を模索し、実践することで、自然との付き合い方のモデルを発信します。

熊との共存:ピッキオ 3

(長野県軽井沢)

クレヨン ・アクリル・ペン

1530X 2170 mm

(60.2 X 85.4 in)

人とクマとの共存を目指して

「人の安全を守ること」と「野生のクマを絶滅させないこと」。ピッキオは、この両立をめざしています。人とクマが適度な距離を保ちながら共に暮らす方法を模索し、実践することで、自然との付き合い方のモデルを発信します。

 

クレヨン & アクリル絵の具

1085 X 765mm

(42.7X 30.1 in)

トラは絶滅の危機に瀕しています。 1世紀以上前、10万頭の野生のトラがアジアに生息していました。過去10年の間に3,900頭未満まで減少し、彼らの生息地は以前の4%の面積しかありません。
(参照:https://wwf.ca/species/tigers/)

ロシア侵略下のウクライナ
戦争と動物

クレヨン &アクリル絵の具

765 X 1085 mm

(30.1 X 42.7 in)

国を逃れたウクライナ人の多くはペットの飼い主であり、愛するペットと一緒に逃げることを余儀なくされています。近隣諸国は動物が移民と一緒に入るのを許可しています。
野生動物は砲撃にさらされるか、爆発物によって直接殺されます。
農場や動物シェルターでは食料、水、労働者が足りず、電気が無くなれば数え切れないほどの数の動物が死んでいきます。飼育動物は簡単に移動できません。ウクライナには約350万頭の牛、570万頭の豚、2億1,200万羽の鶏がおり、無差別攻撃や放棄により彼らの命は危険にさらされています。

(参照:https://www.worldanimalprotection.org/news/animals-suffering-war-ukraine-statement)

絶滅危惧種

クレヨン & アクリル絵の具

1085 X 765mm

(42.7X 30.1 in)

人間の活動により、絶滅の速度は1,000倍から10,000倍速くなっています。現代の絶滅の主な原因は、生息地の喪失と劣化(主に森林伐採)、乱獲(乱獲、乱獲)、侵入種、気候変動、窒素汚染です(参照:https://wwf.ca/species/tigers)。 /)

虎は過去100年間で人口が大幅に減少しています。 1900年代初頭には、野生のトラは約100,000頭で、現在の数分の1です。全体として、トラの個体数はわずか100年で世界全体で95%減少しました。 (参照:https://a-z-animals.com/blog/why-are-tigers-endangered/)
ペンギン
ペンギンは悲しいことに海鳥の最も脅威にさらされているグループの1つであり、18種の半分がBirdlifeによって危急種または絶滅危惧種としてリストされています。 (参照https://www.birdlife.org/birds/penguins/)
北極熊
温暖化等の影響でホッキョクグマは十分な獲物を捕まえることができず、多くが栄養失調を患っています。WWFによると世界のホッキョクグマの3分の2は、2050年までに絶滅する可能性があり、温室効果ガス排出量の即時削減が必要です。(参照:https://www.dw.com/en/climate-change-making-polar-bears-go-hungry-study-shows/a-42403163)

オオカミ オオカミは生態系を健康に保つために重要な役割を果たします。鹿とワピチの個体数を抑え、他の多くの植物や動物種に利益をもたらすことができます。彼らの獲物の死骸は、栄養素を再分配し、ハイイログマのような他の野生生物種に食物を提供するのに役立ちます。科学者たちは、オオカミが生態系に与えるプラスの波及効果を完全に理解し始めたばかりです。(参照:https://defenders.org/wildlife/gray-wolf) アザラシ ワモンアザラシのライフサイクルは氷に依存しています。北極圏での急速な氷の喪失により、搾乳期間中にアザラシの子が母親から早すぎる時期に分離されます。急速な氷の喪失により巣を作ることができため、子の死亡率が高くなります。 。(参照:https://www.worldwildlife.org/species/seals) ヒョウ (Snow Leopard) 野生に残っているのはおそらく6,500頭未満ですが、確かな頭数は確認されていません。家畜に大きく依存している地域では「問題のある」ヒョウの減少は顕著です。 (参照:https://www.birdlife.org/birds/penguins/)

光害

クレヨン &アクリル絵の具

765 X 1085 mm

(30.1 X 42.7 in)

夜行性の動物にとって、「人工光は、おそらく人間が環境に加えた最も劇的な変化である。」(科学者クリストファー・キバ)
例:
「捕食動物は光を使い狩りをし、獲物の種は暗闇利用して身を守ります」。「都市の近くでは、空は200年前よりも数百倍~数千倍も明るくなっています。これが夜行性の生態系に劇的な影響を及ぼしました。」

夜に移動したり狩りをしたりする鳥は、月明かりと星明かりで移動します。人工光は、彼らがコースから外れ、危険な都市に向かってさまよう原因となります。毎年、何百万羽もの鳥が不必要に照らされた建物や塔と衝突して死んでいます。渡り鳥は、彼らが移動するのに適切な時期の手がかりとして自然の光を利用します。人工光が原因で移動が早すぎたり遅すぎたりした多くの渡り鳥は、営巣、採餌等の行動に適切な時期を見逃しています(参照:https://www.darksky.org/light-pollution/wildlife/)